派遣会社登録のステップ

学生でも派遣として働ける

学生だと、昼間は本業の学業に専念していますから、正社員という雇用形態で働くことは不可能です。しかし、アルバイトなど時間が制限されている働き方なら仕事をしてお金を稼ぐことも十分に可能ですし、派遣として働くこともできます。学生というとアルバイトという働き方しか選択肢がないと考える人が多いのですが、派遣としても仕事ができますし、特に夏休みだけのお仕事とか、短期間だけのお仕事などは時給が比較的高いお仕事が多く、学生派遣としても人気があります。

男子学生に人気がある働き方には、ガテン系の働き方もあります。体力が必要となるお仕事をしながら体を鍛えることもできるという一石二鳥な働き方ができる上に、ガテン系のお仕事は時給も比較的高いお仕事が多いので、短期間だけサッと働いて効率的にお金を稼ぐのが、男子学生に人気の働き方となっています。

学生が派遣として働くための登録をすることは全く問題がありません。しかし、学生と言っても18歳以上の大学生や短大生、また専門学校生が派遣として登録するのと、16歳以上の高校生が派遣登録するのとでは、紹介してもらえるお仕事や労働時間などが大きく異なるので注意しなければいけません。高校生の場合には、派遣として働くのにも親の承諾が必要となるので、親に内緒で仕事をすることはできません。また、高校生だと残業をすることができなかったり、夜間のお仕事もNGだったりするので、紹介してもらえるお仕事は、残業が必要なくシフト時間が短くてもOKなファストフードやショップ系のお仕事が多くなっています。事務系のお仕事は、高校生だとNGという企業がとても多いのですが、その理由は「残業させることができないから」なのです。

夏休みのアルバイトという感覚で派遣の仕事をする学生が多い中、生活費および学費を自分で稼ぐために派遣として働く学生もたくさんいます。昼間の本業が学生なので、正社員として働くことは難しいものの、学生と派遣という二足のわらじを履くことによって、社会人としての責任を持つことができたり、仕事を覚えて学校を卒業するころには実務スキルがかなり高くなっていたりする人も多いようです。いろいろな働き方を選べる学生の派遣は、希望やニーズに合わせて1日だけの単発バイトから長期のお仕事までたくさんラインナップされています。社会人になってどんな仕事がしたいのか分からないという人なら、学生のうちに派遣の仕事でいろいろな仕事にトライしてみるのも良いかもしれません。

©Copyright 2016 派遣会社登録のステップ All right reserved.